HDMIケーブルの壁内配線

ニッチ側の端子

我が家は、テレビ周りをスッキリさせたかったので、新築時の壁に壁掛けテレビ or HDMIケーブルを埋め込んでいます。

リビングには、現時点ではテレビは置いていない(今は子ども遊び場、キッズスペース)ですが、和室はこんな感じになっています。

和室

家の配置図

リビングの赤い丸の部分がニッチで、各部屋(和室、リビング、2階の部屋)からこのニッチにケーブルが集まっています。

HDMI端子配置図

 

 

 

 

 

 

テレビ側の端子

リビングの端子の種類は以下の通りです。

  • 地デジアンテナ
  • LAN 端子
  • 電源 x 4
  • HDMI端子

リビングの端子

 

ニッチ側の端子
ニッチ側の端子は以下の通りです。
  • LAN端子 x 3 (各部屋に接続)
  • HDMIケーブル x 3 (各部屋に接続)
  • 電話線
  • 電源
ニッチ側の端子
ちなみに普段はこんな感じに機器を設置していて、
ニッチ機器設置
和室につながるテレビのHDMI端子(OUT)には、
  • NAS(QNAP)
  • DVDレコーダー

の2種類をHDMI切替器で入力を切り替えて利用しています。

HDMIケーブル壁内配線のメリット・デメリット
HDMIケーブルの壁内配線のメリット・デメリットは以下の通りです。
メリット
  • ニッチ側で各部屋の映像出力がコントロールできる
  • テレビ周りがスッキリする

デメリット

  • HDMI規格がどんどんアップデートされていくので、5年、10年スパンでHDMIケーブルの入れ替えが必要になるかも、HDMI規格自体が廃れていく可能性も。。

 

参考情報

今後、HDMIケーブルを壁に埋め込みたいという方向けの参考情報です。

HDMIケーブルは、ノイズ等考慮して安いものではなく極力、品質の高いものを選んで入れました。

我が家の壁内には、以下のHDMIケーブルを埋め込んでいます。

ATS direct HDMIケーブル 10m 4K2K 60p 4.4.4 HDR 18Gbps動作保証 High speed with ethernet【0306Tin-B2】HDMI ver2.0対応

配管は、内径22mmのものに通しています。(配管自体は、施工業者にお願いして通してもらっています。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です